カテゴリー

TORETA(トレタ)連携の初期設定

最後の更新は 2017年8月10日 です

こちらではTORETA(以下トレタ)連携の初期設定方法についてご案内します。

事前準備

1. トレタにて予約を受け付けられるように設定を行ってください。

2. トレタの店舗毎に、POSコネクト機能のご利用が可能なプランへのご加入が必要です。トレタのプランについては、下記へお問い合わせください。

トレタ連携の初期設定を行う

1. システム連携を設定する

管理画面の設定にあるシステム連携をクリックし、システム連携にアクセスして以下の設定をしてください。

※ システム連携はコチラから直接アクセスすることも可能です。

システム連携の連携可能なサービス予約をクリックして、連携アプリケーションを絞り込み、トレタの使いはじめるをクリックします。

トレタのログイン画面が表示されますので、トレタにログインをします。

注意事項:すでにトレタにログインしており、異なるアカウントでユビレジに連携したい時は、ログアウト後に作業を行ってください。

2. ユビレジのアカウントとトレタの店舗を紐付ける

トレタ連携設定から紐付ける店舗を選択後、設定を保存するをクリックしてユビレジのアカウントとトレタの店舗を紐付けます。

補足売上共有機能によって支店がある場合、本店でまとめて設定することが可能です。

注意事項:POSコネクトが利用できないトレタのプランにご加入の店舗は、紐付けできません。

3. エリアの設定を行う

紐付けた店舗のエリア設定をクリックします。

ユビレジに取り込むテーブルエリアを選択し、設定を保存するをクリックすることでエリアが設定されます。ユビレジでテーブルが未設定の場合は新規追加を選んでください。

補足:トレタのテーブルのうちテーブルエリア設定が行われていないものは、ユビレジ上では<エリアを持たないテーブル> と表示されます。

以上でトレタ連携の初期設定は完了です。

設定を保存するとユビレジ上にトレタで設定したテーブルが自動的に作られます。

注意事項:初期設定後にトレタでエリアを追加した場合には、ユビレジでエリア設定が必要です。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム