カテゴリー

暗証番号による機能の使用制限

最後の更新は 2017年4月19日 です

概要

ユビレジアプリのバージョン4.24.0から、iPadアプリの機能の一部について暗証番号を入力しないと実行できない使用制限の設定ができるようになりました。

会計の取り消しや日報の印刷等が、暗証番号を知っている管理スタッフのみ実行できるようになります。

暗証番号は、機能の使用制限のために設定するものです。ユビレジ管理画面へのログイン時のパスワードとは異なります。

使用制限の設定が可能な機能

◯ 会計の訂正

◯ 売上の表示

  • 日報の表示・印刷
  • 売上速報の表示 

◯ 金銭管理

 は、FlickOrder の機能です(バージョン1.10.0から対応しています)。

設定方法

1. ユビレジ管理画面にログインし、設定から機能の使用制限を選択する

2. 暗証番号の設定

使用制限をする機能を設定するためには、暗証番号の設定が必要です。

暗証番号を設定してください設定をクリックします。

半角数字 4〜8文字の暗証番号を入力し、設定をクリックします。

暗証番号の最終設定日時が表示されます。

注意:暗証番号を忘れた場合は、変更をクリックし、新しく暗証番号を設定しなおしてください。

3.  使用制限をする機能を設定する

暗証番号を設定後、制限する機能の設定が可能になります。

制限をする機能のボタンをクリックするとオフ(X)←→オン(レ)が入れ替わります。

制限する機能を選択後、設定を保存するをクリックしてください。

補足:使用制限は設定を保存後、iPad のユビレジと同期した後に有効になります。上記の設定後、すぐに動作を確認したい場合はユビレジアプリの同期を行ってください。

補足:暗証番号の誤入力があると、管理画面の今日の売上を見る重要なイベントに表示されます。

ユビレジアプリ上での表示

使用制限が設定された機能には、錠前アイコンが表示されます。

タップし、正しい暗証番号を入力した後に機能が実行されます。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム