カテゴリー

書式表示による申告納付

最後の更新は 2017年8月29日 です

概要

収入印紙の貼付が必要なレシートについて、事前に手続きを行い承認を受ければ、書式表示による申告納付(収入印紙をレシートに貼付せず印紙税を納付する)が可能です。

この場合、印紙税対象となるレシートに対して、印紙貼付欄の代わりに書式表示(下の画像・赤枠部を参照)を印刷します。印紙税の対象となるレシートについては、国税庁のWebサイトを参照してください。

補足:この機能を使用するには、ユビレジアプリのバージョン4.27.0以降が必要です。

注意:書式表示による申告納付を行うためには、事前に管轄税務署にて「印紙税書式表示承認申請手続」を行い、税務署長の承認を受ける必要があります。詳細は、国税庁のWebサイトを参照の上、管轄税務署にご相談ください。

書式表示の設定方法

印紙税対象となるレシートに対して、印紙貼付欄の代わりに書式表示を印刷する設定を行います。

1.設定画面の表示

ユビレジ管理画面にログインしレジ管理レシート設定をクリックすると、レシート設定の画面が表示されます。

2.納付方法の切り替え

印紙税の納付方法を書式表示による申告納付に設定します。

3.税務署名の入力

書式表示の承認を受けた税務署名を入力します。

設定を保存するをクリックし、設定を終了します。

注意:この設定を有効にすると、対象となるレシート等を発行した月の翌月末日までに「印紙税納税申告(書式表示用)手続」を行い、印紙税を納付する必要があります。詳細は、国税庁のWebサイトを参照してください。

印紙税の納付対象となる会計は、月次で集計してダウンロードすることが可能です。ダウンロードについては、ユビレジヘルプ「印紙税集計(月次)のダウンロード」を参照してください。

書式表示をレシートに印刷するには、ユビレジアプリでの設定が必要です。設定方法はユビレジヘルプ「収入印紙の貼付欄を印刷する」を参照してください。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム