カテゴリー

出金管理はできますか

最後の更新は 2016年3月16日 です
書いたのは です

たとえば現金仕入の支払いなど、売上以外の出金をユビレジで管理するには以下の方法があります。

「出金」メニューを作る(Web)

Webサイトで新たに、出金処理のメニューを作る方法です。管理画面の「レジ管理」→「メニュー・商品」をクリックします。 メニュー・商品をクリック 「追加」ボタンをクリックし「出金」の項目を作ります。 追加ボタン 新規作成で「出金」と入力し保存します。 出金カテゴリーを作る 「出金」のカテゴリーができたので、続いて出金処理のメニューを作ります。 出金メニューを作る 項目名に「仕入れ金」など出金処理のメニューを、項目の種類は「売上外」、価格は「0円」で入力し保存します。 仕入れ金等メニューを保存

続いてアプリの操作に移ります。まず「設定」ボタンから同期をタップして、先ほど作った出金処理のメニューを同期させます。 メニュー表を開き、「出金」カテゴリーから(①)「仕入れ金」をタップします(②)。 出金・仕入れ金をタップ 右の表に入った「仕入れ金」をタップすると、値引き処理ができるタブが表示されます。ここに、出金したい金額を入力します。 値引き処理します たとえば、レジ金から10,000円の出金をしたい場合は、上記画面で-10,000円と入力し、現金で会計します。  現金会計 

日報にはこのように記載されます。 日報 売上等の項目には仕入れ金の合計額が表示されます。詳しくは「売上の名称について」をご覧ください。

参考:売上の名称について

「釣銭準備金」を活用する(iPad)

アプリの「釣銭準備金」の欄にてその都度、金額を変更する(減らす)方法です。左上の「設定」からユビレジをタップします。 ユビレジをタップ 次の画面で「釣銭準備金」の部分に金額を入力します。これで売上以外の出金や、お釣り用の準備金としてレジに入れた金額がアプリ内に記録されました。 釣銭の入力 売上以外の出金があった際に上記画面の「釣銭準備金」を減らしていきます。ただし、この方法ではいくら減らしたかなどの履歴はデータとして残りません。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム