カテゴリー

在庫イベントのレポート印刷について

最後の更新は 2019年5月28日 です

StockScanアプリの履歴情報から任意の情報をレポートとしてレシートプリンタから印刷できます。
例えば出庫時にレポートを伝票として印刷していただくことで、これまで手書きで用意していた伝票作業が軽減できます。

StockScan ver 3.20.0以上、コンパクトレジスター(mPOP)かTSP654IIが必要となります。

事前準備

イベントレポートを印刷するプリンターを設定します。

iPadの操作

画面左上の歯車マークをタップし設定メニューを表示します。
周辺機器の設定にある「プリンタ」を選択します。

StockScanアプリから利用できるプリンタの一覧が表示されます。
iPadから利用できるプリンタは

  • コンパクトレジスター(mPOP)
  • TSP654II
    の2機種です。

コンパクトレジスター(mPOP)の場合

事前にiPadとコンパクトレジスター(mPOP)をペアリングしておきます。

テスト印刷を実施し問題がなければ、右上の「Save」をタップしていただくと利用できるようになります。

事前にiPadとコンパクトレジスター(mPOP)がペアリングできていないと、「Save」は出てきません。

TSP654IIの場合

IPアドレスが必要となります。プリンタに割り当てられたIPアドレスを設定してください。

テスト印刷を実施し問題がなければ「Save」をタップしていただくとプリンタが利用できます。

通常、弊社で設置作業をしている場合、「10.0.1.211」でレシートプリンタを登録しています。

iPhone、iPod touchの操作

右下に表示されている歯車マークをタップし設定メニューを表示します。

周辺機器の設定にある「プリンタ」を選択します。

iPhoneやiPod touchからは、TSP654IIのみ利用できます。

IPアドレスが必要となります。プリンタに割り当てられたIPアドレスを設定してください。

テスト印刷を実施し問題がなければ「Save」をタップしていただくとプリンタが利用できます。

レポート印刷の手順

1.出庫などの操作

「出庫」や「棚卸」などの操作を行います。

2.変更履歴を表示

「変更履歴から探す」をタップすると操作履歴が表示されます。

絞り込みの「売上」「発注」「入庫」「出庫」「棚卸」ボタンをタップすると該当する操作のみ表示することができます。
複数個のボタンをタップすることも可能です。

ボタンをもう一度タップするか、「解除」をタップすると表示条件が解除されます。

3.印刷する項目を選択

レポート印刷する項目をタップして選択します。

選択したら、左下の「印刷」をタップします。

4.印刷

「印刷」ボタンをタップすると選択されている項目がレシートに印刷されます。

「出庫」等のイベント操作時にメモを残すと、その内容も印刷されます。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム