カテゴリー

4.増税・軽減税率に向けて商品マスタを準備する

最後の更新は 2019年10月1日 です

はじめに

ユビレジのバージョン4.49.0以上が必須となります。

1.新税率かんたん予約設定を使う
2.価格表を使う
3.価格表と商品を紐付る
4.アプリを開く

1. 新税率かんたん予約設定を使う

「新税率かんたん予約設定」は2019年10月1日より実施される消費税率の引き上げ、ならびに消費税の軽減税率制度のために、
移行を簡単に行うことができるツールです。
設問に答えながら操作していくと、各カテゴリごとに適切な税率に設定できます。

下記のいずれかに該当する場合、「新税率かんたん予約設定」を使うことができません。

1.最大4問、「はい」か「いいえ」でお答えください。

2.設問の答えによって、以下のページが変わります。

例)増税対応のみの場合

3.複数税率(増税・軽減税率両対応)の場合

設問にあう該当カテゴリを選択します。

先の「はい」「いいえ」の組み合わせにより、以下の画面は変わります。

4.カテゴリの一覧と選択した消費税率が確認できます。

5.税込価格の場合、消費税率に応じて自動で価格を調整できます。

カテゴリー単位での変更となります。

予約が完了したら、2019年10月1日の営業日より適用されます。日付変更時刻を確認してください。

2. 価格表を使う

一度「新税率かんたん予約設定」ツールを使うと「価格表」を操作ができるようになります。

価格表では、以下のことが行えます。

・商品ごと個別に税率の設定が行えます。
・アプリ内での販売種別(表記)を変更できます。
・商品ごと個別に税率ごとに金額の設定が行えます。(税込設定の場合)

1.Web管理画面内のレジ管理からメニュー設定へ飛び、「価格表」をクリックします。

2.基本情報とアプリ設定を入力します。

「新税率かんたん予約設定」ツールを使用した場合

販売種別は「新税率かんたん予約設定」で選んだ選択肢により、変わります。

・販売種別:Web管理画面やアプリ内での表示名となります。
・税率:消費税率となります。
・使用開始日:開始する日にちを指定します。

・記号:軽減税率対象商品の場合、「*」をはじめとした記号をつけなければいけません。
・印刷表記:軽減税率対象商品の場合、レシートへ「*は軽減税率対象商品です」など、上記の記号が対象商品であるとかわかるよう記入しなくてはいけません。

例)

3.商品と価格表を紐付けます。

まずは、商品の編集をクリックします。

次に価格表の選択を選び、設定する税率を選びます。
ここでは、価格表ごとに商品の値段を設定することができます。

4.次にアプリを開きます。

2019年10月1日以降

いつものように会計へと進みます。 画像のように「イートイン」「テイクアウト」など設定した内容が表示がされます。

レシートにもそれぞれの税率が印字されます。

日報にもそれぞれの税率ごとの合計金額も表示されます。

その他バージョンについて

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
50% の人が役に立ったと言っています。
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム