カテゴリー

TM-m30(レシートプリンター)の設定手順

最後の更新は 2019年9月5日 です

EPSONのTM-m30は、ユビレジWi-FiルーターとLANケーブルで接続する方法です。

TM-m30とは別にインターネット接続の設定が済んだルーターが必要です。

レシートプリンター(TM-m30)の設定手順

TM-m30とユビレジWi-FiのLANポートにLANケーブルを繋げて接続します。
※画像の写真は、Archer C9となります。ご利用の機器と異なる場合がございます。また、リセット後は再度機器の初期設定が必要です。

TM-m30の電源ボタンを押して電源を入れます。

電源ボタンを入れた後、ネットワークレポートが排出され、IP Addressを確認できます。

ネットワークレポートのIP Addressに記載されているIPが、ユビレジWiFiと同じIP Addressとなっている事を確認します。
※iPadの設定→Wi-Fiをタップ後、接続しているubiregiWiFiの右側に表示されているiマークをタップしてIPアドレスを確認します。

ブラウザのアドレスバーに取得したIP Addressを入力し、ページを開きます。

TM−m30のアドレスはHTTPではないため、警告が出ます。詳細設定をクリックします。

取得したIP Addressにアクセスするをクリックします。

ログイン画面が表示されます。以下のログイン情報でログインします。

<ログイン情報>
ユーザー名:epson
パスワード:epson

TOPページが表示されます。 左側にあるメニューのCofigurationの項目内にあるTCP/IPをクリックします。

現在取得しているネットワーク情報が表示されます。
以下内容(Acquring the IP Address、IP Address)のご変更を行い、Sendをクリックします。

Acquring the IP Address : AutoManual
IP Address :10.0.1.18010.0.1.211
※複数台ある場合、IP Addressの末尾を211、212連番にして重複しないようにします。

Configurations sentの画面にあるResetをクリックします。

Please waitの表示とともに、プリンターが再起動します。
プリンターの再起動に伴い、画面表示及びプリンター本体に変化はありません。

プリンタの電源をOFFにし、
全面上部のFEEDボタンを押しながら、再度電源をONにしてステータスレポートを排出します。

押したままにするとプリンターのレポートが排出されます。
FEEDボタンを離し、1枚目が排出されたら、もう一度FEEDボタンを押すと文字レポートが排出されます。

排出されたステータスレポートのEthernetの項目に、設定した内容が反映されている事を確認します。

以上で、固定IPに設定は完了となります。

ネットワーク設定のリセット手順

以下はネットワーク設定を出荷時状態に変更する手順となります。


プリンターの電源を切り、プリンター背面のリセットボタン(ステータスシートボタン)を押しながら電源を入れます。
※壊れやすいので、強く押し込まれない様に作業を行なって下さい。

リセットが完了すると左の初期化完了が記載したシートが排出されます。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム