カテゴリー

ユビレジ for Salesforceの軽減税率対応

最後の更新は 2019年11月13日 です

概要

2019年10月1日の軽減税率制度に伴い、以下バージョンアップを行いました。
ユビレジ for Salesforceの軽減税率対応が必要な場合は、ご確認ください。

1.税区分別明細オブジェクト(CheckoutTax)の追加
2.売上商品オブジェクト(CheckoutItem)のカスタム項目の2項目追加

バージョンアップ内容 詳細

1.税区分別明細オブジェクト(CheckoutTax)について


パッケージをインストールされたSalesforce環境へ、以下のカスタムオブジェクトが追加となります。

No 項目 API参照名 データ型 説明
1 売上 Ubiregi_Checkout__c 参照(売上)
2 ID Ubiregi_ID__c 数値(18、0) (外部 ID) (ユニーク)
3 税率 Ubiregi_TaxRate__c 通貨(18、0)
4 GUID Ubiregi_GUID__c テキスト(100) (外部 ID)
5 Ubiregi_Tax__c 通貨(16、2)
6 対象額 Ubiregi_Sales__c 通貨(16、2) 内税=税込価格、
外税=税抜価格 の 税対象額合計(売上商品の税種/税別の集計値)が出力されます。
7 値引き額 Ubiregi_Discount__c 通貨(16、2)
8 税種別 Ubiregi_TaxType__c テキスト(10) “intax”, “outtax”のどちらかが出力されます。

2.売上商品オブジェクト(CheckoutItem)のカスタム項目の2項目追加について


以下の2項目が追加となります。

No 項目 API参照名 データ型 説明
1 税率 Ubiregi_TaxRate__c パーセント(15、3) 商品販売時 適用税率
2 商品種別 Ubiregi_ItemType__c テキスト(10) 商品価格の種類(intax、outtax、percentage、nosales、discount)が値出力されます。
intax:内税
outtax:外税
percentage:割増(割引)
nosales:売上外
※「discount:値引」については、現在改修中となります。

注意事項

・税区分別明細オブジェクト(CheckoutTax)は売上オブジェクトを参照しておりますが、
売上オブジェクトのレイアウト(関連リスト)に、税区分別明細オブジェクトは表示されておりません。
・税区分別明細オブジェクトをご利用・ご覧になりたい場合は、お手数ですがレイアウトの表示設定をお願いいたします。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム