カテゴリー

クレジットカード支払いの取り消し手順

最後の更新は 2016年3月15日 です

ユビレジの使用をやめるときや、支払い方法を変更するときなど、クレジットカードによる支払いを取り消す必要があります。この記事では、取り消しの手順について説明します。

クレジットカード支払いの取り消しのため、まずPayPal支払いを区別するための、個人設定ID番号を調べます。

> この手順は、特に複数の店舗(アカウント)でユビレジをご利用いただいているお客様にとって重要です。特定の店舗に対応するPayPalの支払い設定を取り消さないといけません。(そうしないと、他の店舗の契約が終了となります。)

操作を行うユビレジアカウントにログインし、アカウント設定画面を表示します。支払い設定画面の履歴を確認し、種類が「PayPal」となっている支払い方法の「備考」に表示されている「個人設定ID番号」を調べます。

以下の内容はヘルプページを作成した段階でのPayPalのWebサイトを元に作成しています。PayPal社がWebサイトのリニューアルを行なうと表示が変更される場合がございますので、その場合にはPayPal社のヘルプページをご参照いただく、またはPayPalにお問い合わせください。

この例では「I-LUHA7HSCRVH2」が個人設定ID番号です。

PayPalのWebサイトに移動し、ログインします。

ログイン後、「個人設定」のページを表示します。

> ここで「個人設定」にマウスを移動すると、メニューが開きますが、そのメニューは無視して「個人設定」をクリックしてください。

左から「財務情報」を選び、表示されたページから「事前承認支払い」の「更新」をクリックします。

事前承認支払いの一覧が表示されます。この中から、取り消ししたいユビレジのアカウントに対応する支払い設定を見つけなくてはいけません(信じられないことに、探す方法が用意されていません!)。

各支払い設定を表示すると、個人設定ID番号が1の位置に表示されています。この番号が、先ほど調べたものと一致する支払い設定を見つけてください。

取り消すべき支払い設定が見つかったら、「キャンセル」をクリックします。(キャンセルは「支払いの取り消し・中止」という意味になります。)

確認が表示されますので、「プロファイルをキャンセルする」を選んでください。

確認画面で、今後支払いが実行されない旨を、確認してください。

ユビレジのアカウント設定画面に戻ると、先ほどのPayPalの支払いの有効期限が設定されています。(設定が反映されるまで数分かかることがあります。)

「定期支払いキャンセル」が記録されており、また「終了日時」が設定されていることを確認してください。

これで、次回以降の料金の請求は発生しません。これまでにお支払いいただいた料金の分、つまり計算された終了日時までは、ユビレジをお使いいただけます。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
33% の人が役に立ったと言っています。
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム