カテゴリー

会計の取り消しをする

最後の更新は 2021年4月7日 です
  • カード支払いなのに、現金支払として誤って会計を登録してしまった
  • お客様が頼んでいない商品を多く登録してまっていた

など、会計の入力終了後に気づいた、間違った会計を当日(WEB管理画面で設定している日付変更時間まで)に限り取り消すことができます。

取り消しの手順

ユビレジアプリのダッシュボード右上にある終了した会計のアイコンをタップします。

削除したい会計をタップし、一番下にある取り消すボタンをタップします。

確認を求められるので会計を取り消すをタップします。

ボタンが取り消し済になったのを確認します。以上の手順で取り消しが完了となります。

取り消しレシートの印刷について

会計の取り消し後、取り消しレシートを自動で印刷するまたは手動で印刷するの2つの方法があります。

自動で印刷する場合

ユビレジアプリ>歯車マーク>レシート設定より会計取消時 取消レシートを印刷ONにする事で、会計取り消し時に自動で印刷されます。

・ユビレジアプリのバージョンが5.5.0以上の必要があります。

手動で印刷する場合

終了した会計より取消した会計データを選択後、レシートを再印刷レシートをタップします。

印刷された取り消しレシートをご利用ください。

当日以前の会計の取り消し方法

当日以前の会計は、取り消しができません。そのため、返品・返金の機能を使用して、売上の合計・個数の合計の辻褄を合わせます。

他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム