カテゴリー

QL-700:バーコードラベルを作成する

最後の更新は 2016年3月30日 です

ユビレジではバーコードの登録やバーコードリーダーを使用して注文を受けられますが、バーコードを作成する機能はありません。

ユビレジのWebアプリまたは株式会社ラスカルが提供、開発している『StockScan(ストックスキャン)』よりバーコード作成に必要なCSVファイルをダウンロードできます。ピータッチQL-700に付属する専用の編集ソフトP-touch EditorでCSVファイルを読み取ることにより、簡単にバーコードラベルを作成できます。

必要となるもの

  • PCまたはMac
  • ブラザー ピータッチQL-700 ※ ドライバのインストールが完了し使用できる状態であること
  • P-touch Editor ※ アプリケーションのインストールが完了し使用できる状態であること
  • ピータッチQL-700用テンプレート 62mm
  • ユビレジまたはStockScanよりダウンロードしたCSVファイル

『ピータッチQL-700』および『P-touch Editor』の設定や詳細については、製品マニュアルやブラザーのWebサイトをご確認ください。

PCを使う場合

P-touch Editorを起動し、開くをクリックします。

01

ダウンロードしたテンプレートファイルを開きます。以下の画像のようなエラーが表示されますが、無視していいえをクリックします。

02

レイアウトの設定が完了しているテンプレートが開かれます。

03

ファイルからデータベース接続をクリックします。

04

参照をクリックしてCSVファイルを選択し、次へをクリックします。

05

フィールドの割り当てがなしになっているため、各項目にCSVファイルのどの項目を割り当てるのか、選択していきます。

06

以下の画像では、最後の項目をSKUとしていますが、店舗の判断でカテゴリー名を選択でも分かりやすいラベルになると考えられます。すべての割り当てが完了したら、OKをクリックします。

07

割り当てを行なった状態でサンプル画像が表示されます。

08

内容を確認し問題がなければ、印刷ボタンをクリックします。以下の画像ではすべてのバーコード1部ずつ印刷する設定になっていますが、店舗の状況にあわせて変更し、プリントをクリックします。

09

ラベルプリンタよりラベルシールが印字されて、1枚ずつカットされた状態でプリントアウトされます。

7307-0

Macを使う場合

ユビレジよりダウンロードしたCSVファイルはP-touch Editorで使用する文字コードと異なるため、そのままでは使うことができません。StockScanよりダウンロードしたCSVファイルではなく、ユビレジよりダウンロードしたCSVファイルを使用する場合は、文字コードを変更してお使いください。

P-touch Editorを起動し、ファイルを開くをクリックします。

7307-1

ダウンロードしたテンプレートファイルを開きます。以下の画像のようなエラーが表示されますが、無視してOKをクリックします。

7307-2

レイアウトの設定が完了しているテンプレートが開かれます。

7307-3

ファイルからデータベース接続をクリックします。

7307-4

参照をクリックしてCSVファイルを選択し、次へをクリックします。

7307-5

フィールドの割り当てがなしになっているため、各項目にCSVファイルのどの項目を割り当てるのか、選択していきます。

7307-6

以下の画像では、最後の項目をSKUとしていますが、店舗の判断でカテゴリー名を選択でも分かりやすいラベルになると考えられます。すべての割り当てが完了したら、OKをクリックします。

7307-7

割り当てを行なった状態でサンプル画像が表示されます。

7307-8

内容を確認し問題がなければ、印刷ボタンをクリックします。用紙サイズが違う旨メッセージが表示されますが、OKをクリックします。

7307-9

以下の画像ではすべてのバーコード1部ずつ印刷する設定になっていますが、店舗の状況にあわせて変更し、プリントをクリックします。

7307-10

ラベルプリンタよりラベルシールが印字されて、1枚ずつカットされた状態でプリントアウトされます。

7307-0

ユビレジのCSVファイルをMacで使用する場合

ユビレジよりダウンロードしたCSVファイルはP-touch Editorで使用する文字コードと異なるため、そのままでは使うことができません。以下の手順で文字コードの変更を行なってください。

テキストエディットでユビレジよりダウンロードしたCSVファイルを開きます。

1

ファイルから複製を選択します。

2

ファイルから保存を選択します。

3

標準テキストのエンコーディングUnicode(UTF-8)に変更します。名前は分かりやすい名称で設定し、保存ボタンをクリックし保存してください。

4

引き続き、Macを使う場合の手順で作業を行ないます。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム