カテゴリー

旧バージョンのエクステンションと表示される

最後の更新は 2016年3月25日 です
書いたのは です

ユビレジエクステンション2013年7月バージョン、2015年バージョンを使用しているのに、旧バージョンのエクステンションと表示され、レシートプリンタやキャッシュドロワが動作しないことがあります。

これはユビレジエクステンションのバージョンを誤認識してしまう、iPadアプリの不具合です。

  • ユビレジアプリのバージョン3.5〜3.7のみで発生します
  • この不具合が修正されたバージョン3.8が公開されておりますので、App Storeよりアップデートしてください
  • ユビレジエクステンション2011年バージョン、2012年12月バージョンが旧バージョンと表示されるのは意図されたものです

7857-01

7857-03

対処方法

原因は主に店舗内のネットワークの通信が不安定であることです。ネットワーク機器の再起動をお試しください。一回で改善しない場合は、何度かお試しください。

親ルーターを再起動する

Wi-FiモデルのiPadをご利用の場合、親ルーター(Wi-Fiルーター)を再起動してください。起動するまで3〜5分ほどお待ちください。

AirMac Expressを再起動する

AirMac Expressの電源コードを抜き差しし、再起動してください。起動するまで3〜5分ほどお待ちください。

ユビレジエクステンション2015年バージョンに、AirMac Expressは付属しておりません。

ユビレジエクステンションを再起動する

ユビレジエクステンション2013年7月バージョンは、リセットボタンを押してください。2015年バージョンは電源コードを抜き差ししてください。

起動するまで3〜5分ほどお待ちください。レシートプリンタの電源をOFF/ONし、ステータスレポートが印刷されることを確認します。

ユビレジアプリを再起動する

ユビレジアプリを一度終了し、再起動してください。設定ユビレジエクステンションをタップし、エクステンションを正しく認識していることを確認してください。

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム