カテゴリー

プリンタ(SRP-F312)の接続

最後の更新は 2018年1月30日 です

BIXOLON SRP-F312をLANケーブルで接続する方法です。

新型・旧型により設定方法に若干の違いがあります。

新型
旧型
F312

手順

AirMac親機、または子機として設定済みのAirMacと、LANケーブルでプリンタを接続します。

AirMacのLANポートが足りない場合はスイッチングハブを別途ご購入ください

1

【新型の手順】

FEEDボタンを押したまま電源を入れ、小さい紙が印刷されたらそのままFEEDボタンを押し続けると、ステータスレポート(設定情報)が印字されます。 もう一度FEEDボタンを押すと文字の羅列(動作テスト)が印字されます。

小さい紙が印刷された場合はAirMacユーティリティに進みます。
印刷されない場合はDHCPの設定変更を行ないます。

MAC ADDRESSの値は予約アドレスの設定で使用します。

【旧型の手順】

FEEDボタンを押したまま電源を入れ、ピーピーピーの音が止んでからFEEDボタンを離すと、ステータスレポート(設定情報)が印字されます。

LAN_DHCPがenabledの場合はAirMacユーティリティに進みます。
disabledの場合はDHCPの設定変更を行ないます。

MAC ADDRの値は予約アドレスの設定で使用します。

【旧型】LAN_DHCPがdisabledの場合と【新型】小さい紙が印刷されない場合のみ、プリンタのLANポートの上にある、小さなリセットボタンを爪楊枝などで軽く押したまま、電源を入れます。 ピーピーピーと音が鳴り止んだらボタンを離します。

強く押すと破損します。爪楊枝の裏側等で軽く押してください。

ステータスレポートを印字し、設定が変更されたことを確認します。

3

AirMacユーティリティを起動し、インターネットと接続されているAirMac(親機)をタップします。

右上の編集をタップします。

詳細をタップします。

DHCPとNATをタップします。

予約をタップします。

  • ルータモードがブリッジの場合はAirMacで予約ができません。ルータモードを変更するか、WANポート側に接続されているルータで予約してください(機種によって設定方法が異なるためサポート対象外です)
  • 予約をしなくても使用することはできますが、電源を切った際などにIPアドレスが変わってしまう恐れがあります

予約をタップします。

新規予約をタップします。

説明にはプリンタを識別するための名前を入れます。
MACアドレスには先ほど印刷されたレシートに印字されているMAC ADDRの値を入れます。
IPv4アドレスの末尾は201以降のまだ予約されていない数字を入れます(例:プリンタ1台目は10.0.1.201、2台目は10.0.1.202…)。

すべて入力したら、完了をタップします。

完了をタップしていくと、アップデートの確認が表示されます。アップデートを選択します。アップデートが完了するまでしばらくお待ちください。

プリンタの電源を一度オフにし、FEEDボタンを押したまま電源をオンにし、ステータスレポートを印刷します。

DHCP予約の設定をした場合は、IP ADDRの値が先ほど指定した値になっていることを確認します。

  • 値が異なる場合はMACアドレスの打ち間違いなどに注意して、再度設定を確認してください。
  • IP ADDRが「0.0.0.0」の場合は、しばらく待ってから、再度ステータスレポートを印刷して確認します。
旧型
新型

FlickOrderを起動し、プリンタ設定を開きます。

左下の+をタップします。

LAN接続のプリンタを選択します。

次へを選択します。

名前にはプリンタを識別できる名前を入れてください。
ホスト名には予約で指定したIPアドレスを入力します。

入力し終わったら保存をタップします。

このプリンタからフロア伝票を出したいテーブル/キッチン伝票を出したいカテゴリにチェックをし、保存します。

動画

このヘルプ記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
60% の人が役に立ったと言っています。
他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム